ニューストピックス

まん防延長に伴う2学期始業の変更(文末にPDFリンクあり)

デルタ株による感染拡大が全国的に続いております。
熊本県においても、8月に入り新規感染者が急増し、まん延防止等重点措置の適用期間が9月12日(日)まで延長されました。
本校においても、7月末からの空手道部におけるクラスター発生以降、一旦は収束の様子が見られましたが、お盆休み直後から再び感染者が増えております。

 現在、流行している新型コロナウイルス感染症の特徴としては、
①感染力が極めて強い(部活動で一緒にお弁当を食べただけで感染した生徒がいます)
②感染者との最終接触から発症までの時間が短い
③感染してから高熱が見られる等、症状が重くなることが多い、
などが、これまで、保護者から学校への報告により明らかになっています。

こうした現状を鑑み、このまま2学期の始業を迎える事によって生徒の皆さんに感染を拡大してしまう可能性について、学校として慎重に協議を重ねてきました。
また、熊本県教育長からも、感染拡大防止のために各学校の状況に応じて適切な対策を講じる要請も通知されております。
その結果、新型コロナウイルス感染症のこれ以上の感染拡大を防止するために、下記の通り、2学期の始業を変更させていただきたくお願い申し上げます。

保護者各位におかれましては、大変ご迷惑をおかけすることになるかとは思いますが、以上の趣旨をご理解いただきまして、何卒、ご理解とご協力を切にお願い致します。

1、2学期始業式を、9月6日(月)に変更します。それまでは、各家庭において感染防止に努めながら家庭学習を行って下さい。

2、9月6日(月)から、まん延防止等重点措置が解除される9月12日(日)までの期間は、別添時間割の通り、学年別の分散登校を行います。

3、クラブ活動は、まん延防止等重点措置が解除される9月12日(日)まで、原則として休止します。

4、寮は、始業式の前日(9月5日(日))まで閉寮します。(濃厚接触者に指定を受けてPCR検査で陰性と判定され、保健所から隔離を要請されている生徒は除きます)

5、生徒の皆さんは、デルタ株流行に対して、若い人(自分)にも簡単に感染し、症状も重くなるという危機感を持ち、マスク着用、こまめなうがい・手指の消毒、不要不急の外出の自粛、人混みに行かない、友人との会食は行わない等の感染予防対策を十分に行って下さい。(熊本県教育長からの要請文参照のこと)

※ 9月6日(月)~10日(金)までの分散登校時間割は【<分散登校時間割.pdf】をご覧ください。

※ 熊本県教育長からの要請文は【03 【別紙2】児童生徒・保護者の皆様へ.pdf】をご覧ください