入試情報

  • HOME
  • 入試情報
  • 在校生の声

在校生の声

工業科・土木建築科(土木コース) 森田 康平君(西山中出身)

私は部活動の体育奨学生として開新高校に入学しました。
土木建築科を選んだ理由は、叔父や祖父の影響で幼い頃から興味があり、多くの資格を取得して土木の仕事に必ず就きたいという思いがあったからです。入学後は、勉強と部活の両立を目指し、その中で資格を取ったり、日々努力しました。所属しているバスケットボール部では、副キャプテンを務めており、責任感とリーダーシップ力を身につけることができました。日々きつい練習に取り組み、精神面の向上、学校生活だけでなく常に礼儀や挨拶を心がけて生活しています。学習面では、1つ1つの授業に集中して取り組み、徐々に成績を上げクラスで上位を保つことができて自分自身の中で自信につながっています。専門系の学習もしっかり理解することができ、将来に役立つことを学べました。現在、新校舎も建設し、実習環境が揃っており、特に土木建築科では、たくさんの資格が取得しやすくなりました。是非興味のある方受験してください。

工業科・土木建築科(土木コース) 森田 康平 (西山中出身)

工業科・土木建築科(建築コース) 牧野 晃大君(竜南中出身)

私が土木建築科を選んだ理由は、小さい頃からものづくりに興味があり、建築関係の仕事に就きたいと思っていたからです。
入学後は、部活と勉強の両立を目指し、日々努力しました。所属していた弓道部では、毎日の練習に取り組み、礼儀や学校での生活態度にも注意を注ぎました。また、三年次には、主将を務め、部員の手本となる行動、責任の重大さを実感することができました。学習面では、建築の基礎を学び、興味のある内容でとても楽しく勉強できました。三年次には、進学、就職活動が始まり、学級委員長としても様々な経験を積むことができたと思います。また、上位の成績を保つことにより、自信にもつながりました。
卒業後は、部活や学校で学んだことを活かし、立派な社会人として活躍したいと思います。

工業科・土木建築科(建築コース) 牧野 晃大 (竜南中出身)

工業科・電気情報科(電気コース) 日高 真希君(清水中出身)

電気情報科では、1年次に電気と情報の共通科目を学び、プログラミングやワード、電気実験などの実習も行います。1年次終了時には、自分の希望や適性を考慮し、電気コースと情報コースへのコース分けが行われます。コース分けは、自分の進みたいコースを選べ、2年次から、それぞれの専門性を深め、国家資格にチャレンジしていきます。電気コースは、実習と実験を重視した授業が中心となっています。主に、電気回路や配線の仕組みを勉強し、配電工事の実習や電圧計や電流計を使った実験を行います。
私は、現在バスケットボール部の主将を務めており、部活動と勉強の両立を日々頑張っています。2年次には第二種電気工事士の資格を取得しました。開新高校では色々な資格取得に挑戦できるので、卒業までに、専門的な資格をより多く取得できるように頑張ろうと思います。皆さんも、将来を見据えて、電気情報科への受験を考えてみてはどうでしょうか。

工業科・電気情報科(電気コース) 日高 真希 (清水中出身)

工業科・電気情報科(情報コース) 田中 朝日君(西合志南中出身)

電気情報科に入学し、電気・情報の専門教科を学習しています。入学して不安だった事は、専門教科の勉強です。特に資格試験は、難しいと思いこんでいましたが、先生方がわかりやすく教えて下さったので、計算技術検定、情報技術検定、ワープロ検定などの資格を取得することができました。また、私は今年度から情報コースで、情報分野をさらに詳しく、より専門的に勉強しています。パソコンの中身やシステムなどのハード面、モノを動かし、操作するためのプログラムなどのソフト面を学んでいきます。そのため、パソコンを利用した授業・実習が多くなります。
部活動は、コンピュータCG部に所属しています。家にパソコンがない方でも放課後に各種検定試験の練習に励むなど自由に利用できます。今年は新たにコンピュータ室や実習室が整備された実習棟が完成しました。情報系に興味のある方は、整備された環境で楽しい高校生活を過ごしてみてはどうでしょうか。

工業科・電気情報科(情報コース) 田中 朝日 (西合志南中出身)

工業科・自動車科 前田 憲伸君(富合中出身)

私は、憧れの自動車について学びたいと考え、開新高校の自動車科を選びました。やるからには、文武両道の精神で励もうと決め、軟式野球部の体育奨学生として入学しました。自動車は、幅広く最新の技術が使われた人の生命にも関わる製品です。専門教科を学び始めたときは、授業についていけるか不安を感じました。自動車科の先生方は、どんな質問にも基礎からわかりやすく説明して下さります。徐々に学ぶ事に楽しさを覚え、不安だった成績も徐々に上位へと伸びていきました。部活動では、野球の技術だけでなく、常に自分の言動の質を意識し自分を磨き続ける指導をして頂きました。自分の成長と言うのは、なかなか感じにくいものですが、監督の言葉を信じ妥協せずに自分磨きを続けました。二年生になると、企業で実際の仕事を体験するインターンシップがあります。
もちろん、どんなに勉強していたとしても現場で仕事が出来るわけではありません。しかし、指導してくださった社員の方から人間性の部分を高く評価して頂きました。当たり前の事を当たり前に取り組み続けてきて、初めて、自分の成長を実感した時、先生方や友人に恵まれた環境で高校生活を送っていたのだと、心から感謝の気持ちが溢れました。監督から頂いた「恩は恩で返せ」という言葉があります。これからも、開新高校で学んできたすべての事を活かし、常に向上心を忘れず学生の模範となるような社会人を目指していきたいと思います。

工業科・自動車科 前田 憲伸 (富合中出身)

工業科・機械科 西畑 司君(西合志南中出身)

私は以前から機械を扱うことに興味があり、高校卒業後の就職まで考えていたので、「ものづくり」について学ぶことができ、就職に強い開新高校の機械科に入学しました。
入学当初は初めての事ばかりで不安でしたが、学校生活にも徐々に慣れる事ができ、今では充実した学校生活を送ることができています。学業面においても学業奨学生としての自覚を持ち、苦手教科にも積極的に取組みテストで満足のいく結果を出せるように力をいれました。努力の結果も実を結び、成績も常に上位を保つことができました。
私は部活動に所属していないので、空いた時間を有効的に資格取得に取り組む事ができました。この1年間で色々な事を学び、吸収し、成長することができたのではないかと思います。この事をふまえ、今後も学習・資格取得に力を注ぎたいと思います。また、日頃から周りに目を向け、気づき・行動できるよう心掛け、人としての成長にも繋げ、社会人としての心構えの基礎を、しっかりと築いていきたいと思います。

工業科・機械科 西畑 司 (西合志南中出身)

工業科・機械科 中司 時仁君(東町中出身)

私は高い就職率と工業系の高校という理由で開新高校への受験を決心しました。高校入学後は、中学生時代には習ったことのない機械科の専門教科の勉強に励みました。すると、成績が面白いように伸び、専門教科への興味も更に湧きました。クラス内での成績も上位に位置し勉強ができるようになるにつれ、クラス内に良きライバル達も増えました。そして周囲と差をつけるために資格取得に目を向けるようになりました。また部活動に入部していない私は、就職活動や上級学校への進学を少しでも有利にするためにも資格取得に励みました。その結果、クラスで一番多くの資格を取得することができました。そんな私が3年生になり、将来の道を決める日が近くなりました。入学当初は就職するつもりでしたが、今は専門知識と技術を更に習得したく進学を考えています。機械科での学習のおかげで将来設計ができ、今後の高校生活も充実させたいと思います。

工業科・機械科 中司 時仁 (東町中出身)

総合学科 江上 明里さん(瀬高中出身)

私が開新高校を選んだ理由は、部活動の卓球でインターハイに出場したいと思ったからです。初めは慣れないことばかりで不安もありましたが、顧問の先生方や部活動の仲間、クラスメイトのお陰で2年連続インターハイに出場する事ができました。今は毎日充実した学校生活を送ることが出来ています。また、部活動を通じて沢山の経験をし、入学当初より大きく成長することができました。勉強面では、自分の興味のある科目を選ぶことが出来るので意欲的に取り組むことが出来ました。定期考査でも上位に入るようテスト勉強にも励みました。これからは開新高校で学んだことを活かし立派な大人になれるよう頑張っていきます。

総合学科 江上 明里さん (瀬高中出身)

普通科(普通クラス) 寺本 翔君(南阿蘇中出身)

「自分のペースで勉強ができ、夢に向かっています!」
私は普通クラスに所属しています。普通クラスでは主に大学進学を目標に日々の勉強に取り組んでいます。また部活動がとても盛んで、様々な部活動に打ち込んでいるクラスメートが沢山います。私は空手道部に所属し、キャプテンを任されています。普通クラスは自分のペースで勉強ができ、先生方が個人に合ったやり方でアドバイスしてもらえます。そのおかげで、先輩方は様々な進路先へ進路実現され、部活動でも全国大会に出場するなど輝かしい結果を残されています。私も両立を目標に先生方の力をお借りして頑張れています。恵まれた環境の中で、自分の夢に向かうため普通科に入り、一歩でも夢に近づけましょう!

普通科(普通クラス) 寺本 翔 (南阿蘇中出身)

普通科(特進クラス) 芥川 慧さん(宇土鶴城中出身)

「少人数だからこそ、部活も勉強も打ち込むことができた」
私は特進クラスに入り、大学進学を目標に勉強に取り組んでいます。このクラスの人数は少ないですが、その分クラス全員がまとまっていて、仲が良いと感じます。テスト前はお互いにわからないところを教え合い、みんなで協力して勉強しています。また先生方との距離が近く、すぐに質問することができ、勉強に取り組みやすい環境が整っています。私は駅伝部に所属しています。勉強と部活の両立は大変ですが、周りの先生方からのサポートにより、充実した学校生活を送ることができています。この学校に入学し、この特進クラスに入ったからこそ、部活も勉強も思う存分やりきることができました。ぜひ、普通科に入ってください。

普通科(特進クラス) 芥川 慧さん (宇土鶴城中出身)