進学就職情報

  • HOME
  • 進学就職情報
  • 卒業生の声

卒業生の声

進学

夢の実現に向けて3年間、日々努力し、夢に続く大きな一歩を踏み出しました!

  • 園木 大斗
    中央大学
    法学部
    園木 大斗 さん (鹿南中)

    私が開新高校で過ごした三年間は、とても充実したものでした。部活動では駅伝部に所属し、全国大会出場を目標に努力してきました。しかしその道はとても険しいものでした。思うような結果が出せず、何度も挫折を味わいました。それでも顧問の先生の熱心なご指導のおかげで、仲間とともに大きく成長することができました。そして、たくさんの方々の支えと応援を頂き、悲願の全国大会、京都の都大路への切符を手に入れることができました。あの感動と感謝の気持ちは今でも忘れません。
    学習面においては、部活動が終わり帰宅してからの学習時間をあまり確保できませんでした。しかし、毎日の授業に積極的に取り組み、テスト前には隙間時間を有効に使って勉強に励みました。先生方は、学習に意欲的に取り組む生徒に対して、より一層丁寧に学習指導してくださるように感じました。その甲斐もあり、部活動と学習の両立もしっかりすることができました。
    私はこの三年間を通して、人として成長することができたと思います。開新高校で学んだこと、仲間とともに都大路を走り、多くの方々に支えられたことを忘れずに、大学でも文武両道を目標に日々精進していきたいと思います。

  • 一城 遥風
    九州看護福祉大学
    看護学部看護学科
    一城 遥風 さん (鹿南中)

    私には幼いころから看護師になるという夢がありました。その実現のため福祉について学ぶことができる総合学科に、スポーツ特待生として入学しました。大好きなバスケットボールを続けながら夢に向かって進むために最善の選択をしたと思っています。部活動に集中しながら、常に進学を意識し日々の授業を大切にしました。開新高校では学科を問わず多くの資格を取得できることも魅力でした。卒業までに介護職員初任者研修や医療事務など九つの資格を取得しました。進学に有利になるだけでなく自分自身の自信にもなりました。
    入試直前には多くの先生方に助言や指導をして頂き、第一志望の大学に合格することができました。さらに嬉しかったのは、三年間ともにがんばった部活動のチームメイト全員が第一志望校に合格できたことです。保育士や理学療法士などこれから別々の道を歩いていくことになりますが、皆に負けないように私も頑張りたいと思います。あっという間の三年間でしたが、いつか夢を叶えたみんなと、もう一度、開新高校の体育館にあつまることが私の夢の一つになりました。

就職

今年度、就職の目標を達成して夢をかなえた先輩たち!!

  • 重信 沙穂利
    九州柳河精機株式会社
    総合学科
    重信 沙穂利 さん (合志中)

    私は剣道を中学生から始めたので実績もなく、練習についていけるか不安でした。しかし先生方や先輩方が分かりやすく丁寧に教えてくださったので、二年次からはメインメンバーに入ることができ、県大会での入賞や九州大会への出場など、中学校では味わうことのできなかった達成感や喜び、そして剣道の楽しさを改めて実感することができました。
    部活動で一つの目標ができ、それに向かってチームメイト全員で支え合い、声を掛け合いながら達成し、それを積み重ねていく中で、目配り、気配り、心配りや先のことを考えて行動することなど多くのことを学び、部活動を通して人間性を磨くことができました。学校生活では、担任の先生や部活動の仲間の支えもあり、友人関係の心配もなく、楽しく過ごせました。学校全体での行事やクラスでの係の仕事などにも積極的に楽しく取り組み、無遅刻・無欠席を心掛け、充実した高校生活を送ることができました。
    私は高校を卒業したら就職することを決めていました。進路活動の中で「九州柳河精機株式会社」という会社を知り、幼いころからバイクが好きだったこともあり、とても興味を持ち、ここに入社したいと強く思うようになりました。
    部活動を借り引退した後は、徹底的に就職試験の対策をしました。先輩方の受験報告書や会社見学に行った時の情報などを参考に、多くの先生方と個人の面接やグループディスカッション、論文の作成などに取り組み、帰宅後も一般常識の問題集を解くなどして対策をしました。そして、試験当日には練習してきたことを出し切ることができ、結果、内定をいただくことができました。
    私は開新高校に入学して本当に良かったと思っています。入社後は、学校生活や部活動で学んだことを活かし、今まで支えてくれた多くの方々に感謝し、精一杯の恩返しができるように頑張っていきたいと思います。

  • 榊 昌哉
    東洋紡株式会社 犬山工場
    工業科・機械科
    榊 昌哉 さん (西山中)

    私は学業奨学生として開新高校に入学しました。高校生活では特に資格の取得を目標に努力してきました。学校の試験と資格試験は同じ時期に行われることもあり、両立させるのはとても大変でしたが、休み時間や放課後など空いた時間を探して先生方や友人にわからないところを積極的に質問しました。その結果、三年間常に上位の成績を収めることができ、また多くの資格を取得することができました。協力してくれた先生方や友人にはとても感謝しています。
    三年生になると本格的に就職活動が始まり、就職したいと考えていた自分はどんな会社を希望しようか悩んでいました。その時、担任の先生から東洋紡を紹介して頂きました。パンフレットやホームページに目を通すと、身近にあるフィルムの製造から最先端のフィルム加工など、見れば見るほど興味がわき、この仕事をやってみたいと思い東洋紡を志望することを決心しました。就職活動は主に夏から始めました。限られた時間の中で面接の練習や筆記試験の練習をしなければいけませんでしたが、特に面接の練習を徹底して行いました。どんな質問を受けても落ち着いた答えが出せるように多くの先生に面接の練習を見ていただきました。そのおかげで念願の東洋紡に合格することができました。この結果は、ひとえに協力して頂いた先生方や友人、両親がいてこそのものでした。就職先では、これまで協力していただいた方々に恥じない働きをしていきたいです。